いわおとなりて

ポケモン対戦とか水瀬いのりさんとかくまねるさおりとか

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿スペシャルイベント感想

日記

2月8日にさいたま市文化センターで行われた、TVアニメ「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 ‐魔眼蒐集列車 Grace note‐」スペシャルイベントに参加して来ました。

画像

メンバーは、
浪川大輔さん
松岡禎丞さん
山下誠一郎さん
平川大輔さん
という濃い男性メンツの中に
女性二人、
上田麗奈さん
水瀬いのりさん
が放り込まれたかんじw

仲のよい松岡くんもいるし、水瀬さんの毒舌が発揮されそうで楽しそうなイベントですね!

 

というわけで、順番に振り返っていきましょう。
(いつものことですが、いのりちゃんしか見ていないので原作のファン、他の声優さんのファンの方には詰まらない記事になります。)

挨拶

各キャラのハイライト映像とともにキャストが順番に格好よく入場

一通り挨拶を終えた後、司会から意気込みを!と促され、浪川さんの無茶ぶりで急遽水瀬さんが語る事に。「え!!台本に無いよ!!聴いてないよ!!浪川さんやったな!!」
と早速浪川さんにイジられていのりちゃんの毒舌にスイッチが入りました。反撃が楽しみですw

無茶ぶりされてもしっかりと話をまとめるあたりも流石

アニメの振り返りコーナー

1. 印象に残ったシーン

各キャストの一番印象に残ったシーンをあげる。ただし自分のキャラ縛り

いのりちゃんが選んだのは、1話のライネス幼少期にウェイバーを拷問するシーン
いのりちゃんファン的にも文句なしの名シーン、ロリ可愛い見た目なのにドSな態度で、
「(童貞を)捨てたのか?どうなんだ?」「お兄ちゃん♡」
と衝撃的なセリフが飛び出し、当時かなり話題になりました。

このシーン、いのりちゃんはかなり楽しそうに演じているように思えたのですが、今回振り返りでは、フェイトという伝統ある作品でライネスが初登場するシーンなので大切に演じてかなり緊張した的なまじめなお話をしていました。
とまじめに締めた所に、横にいる浪川さんが
「要するに、いのりちゃんは男の人を逆さ吊りにして拷問したんだね」
とすかさずイジってきて、
いのりちゃん
「浪川さん芸歴何年ですか?今の話をどう聞いたらその結論になるんですか!?もうやだ~>< 」
浪川さんがめっちゃ煽ってきて楽しくなりそうな予感www

2.アフレコで印象に残ったこと

いのりちゃんは「3人のだいすけさん」
キャストに浪川大輔さん平川大輔さん小野大輔さんの3人大輔がいることかな?でもなぜひらがななのか?
いのりちゃん、
「浪川さん台本の漢字読めないんですよw私が家庭教師みたいに教えていましたw」
と早速先ほどの仕返しとばかりに煽っていくいのりちゃんw
僕は初めて知ったんですけど、浪川さんが漢字読めないのは有名なネタなんですね。

他でもいのりちゃんの話が出て、松岡くんが「水瀬さんが…」とあげていて、
打合せの時のエピソードで、
音響監督の指示をなかなか理解しない松岡くんにいのりちゃんが
「ちゃんと話聞いてます?」
それをみた音響監督さんが、
「水瀬くんもそういうこと言うようになったんだねぇ」
と言われていたのが感慨深かった話。
続けて松岡君
「アフレコの時も何回か怒られた」
いのりちゃん
「やだぁ。怒ってないですよ。」
松岡君
「今のトーンで圧を…」
いのりちゃん
「圧って思うから圧なんですよ!」

うん、圧が強いですね。
最後は、役のライネスが憑依しているだけとごまかしていましたww
そんなに言うほど憑依型かな???

3.アフレコの聖遺物

いのりちゃんの回答は「軟水」
いのりちゃんはプロ意識が高く喉のケアとしてこまめに水を飲むことで有名ですが、硬水より軟水が好きという貴重な情報でした。

バラエティコーナー

親友チーム 浪川さん平川さん
女子会チーム 上田さん水瀬さん
問題児チーム 松岡さん山下さん
でチーム対抗戦

1.お互いにあだ名をつけてその理由を当てる

いのりちゃんが上田さんに付けたあだ名「ホワイトラビット」
上田さん
「白いうさぎだから」
そのまんまやないかい!
答えは、うさぎみたいでかわいいみないなかんじで正解。

ちなみにいのりちゃんは上田さんのことを「しゃましゃま」と呼んでいました。以下記事内でも上田さんのことはしゃましゃまと書きます。

しゃましゃまがいのりちゃんに付けたあだ名「流星群」
いのりちゃん
「アフレコが終わると流星のように速攻帰るから」
省エネで生きているいのりちゃんらしい習性ですね。
答えは、流星群のようにキレのあるツッコミやトークをするから

つまりは圧が強いってことですねw

他のチームで面白かったのが、
松岡君が山下さんに付けた「スタイリッシュワンワン」
山下さんは、めちゃくちゃ格好つけてポーズを決めながら
「ファッションおしゃれでかっこよくてワンワンのようにかわいい」
と答えていましたが、みんなドン引きwww
いのりちゃんが真っ先に小さい声で
「きもっ」
って言うのかマイクに拾われていましたw
圧が強いw
答えはだいたい合っていたけどなんかむかつくという理由で半分しか点が入りませんでしたw

2小道具を使って額縁でポーズをとる

1回目お題~自分のキャラっぽくするみたいなお題だったような

しゃましゃまをコーディネイトするいのりちゃんがとても楽しそうでした。うさ耳を付けてキャラの武器である鎌を持ったしゃましゃまがマジ天使だったのですが、
吐血する平川さんの発想が天才すぎたのでそっちが勝利

2回目お題~バレンタインの私

これはもう文句なししゃましゃまといのりちゃんが天使すぎて優勝!!
この企画考えた人まじ天才!ありがとう!
いのりちゃんがかわいいポーズをするのを少し嫌そうにしていて、それがまたいのりちゃんらしくてよきよきですよ

3箱を積むゲーム

堅実に積んだ女子会チーム優勝

バラエティコーナー集計では女子会チーム優勝で、めちゃくちゃおいしそうなチョコをもらっていました。

朗読劇

バレンタインのオリジナルストーリーで、話は難しくてよくわからなかったのですが、
全然休まないエルメロイ先生を心配して、みんなでチョコのドラゴンを作ってチョコのドラゴンの中で先生を強制的に休ませる。みたいな内容

いのりちゃんのライネスは、普通の大人ライネスと子供ライネスのセリフが用意してあり、微妙に声を変えて演じ分けているのが流石でした。

朗読劇では各声優さんの台本の持ち方、演じている時の仕草など個性が出ておもしろいのですが、今回癖の強い男性声優多めでみんな全然違うなぁってかんじ。特に松岡くんは台本読むとき顔が斜めになってリアルペテルギウスみたいになっていましたwww

ライブパート

オーケストラみたいに各楽器のすごい人が集まって生演奏
作中のBGMをすごい迫力で演奏してくれました。
最後はASCAさんがエンディングテーマを熱唱!
こんな格好いいライブを用意してくれて間違いなくお値段以上のイベントでした。

 

以上振り返りでした。
全体通しても、バラエティ要素、作品へのリスペクト、イベントの進行のバランスが完璧な神イベントでした!何よりいのりちゃんが楽しそうだったのがよかったです。
二期が決まってまたこのメンバーで集まって欲しいです。

ではでは


追記

このイベントには水瀬さんのお父さんが招待されていたようで、お父さんが観にくると緊張する水瀬さんを浪川さんがいじっていたようです。やたら浪川さんが水瀬さんに突っかかってきた謎が解けた。